安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 仮名手本忠臣蔵を読む

仮名手本忠臣蔵を読む

仮名手本忠臣蔵を読む

時代を越えて日本人の心を惹きつける「忠臣蔵」の魅力!歌舞伎・人形浄瑠璃・落語・講談・浪曲・小説・浮世絵・バレエ…。

著者 服部 幸雄
ジャンル 国語・国文学
国語・国文学 > 国文学
シリーズ 歴史と古典 
出版年月日 2008/08/01
ISBN 9784642071529
判型・ページ数 4-6・280ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

仮名手本忠臣蔵とその時代…服部幸雄
Ⅰ=仮名手本忠臣蔵と史実の周辺
 元禄時代と赤穂事件の史実…谷口眞子
 赤穂事件と「忠臣蔵」における武士道…笠谷和比古
 仮名手本忠臣蔵の作者たち…黒石陽子
Ⅱ=仮名手本忠臣蔵の史実と虚構―各段を読む―…田口章子
 大序から四段目まで(塩冶判官切腹までの経緯)
 五段目・六段目を中心に(お軽・勘平の物語)
 七段目(一力茶屋の由良之助とお軽・平右衛門)
 八段目・九段目を中心に(本蔵一家の悲劇)
 十段目・十一段目(天河屋義平・討入り)
Ⅲ=仮名手本忠臣蔵と大衆文化
 忠臣蔵と舌耕文芸…今岡謙太郎
 南北・黙阿弥の『忠臣蔵』とその時代…犬丸 治
 忠臣蔵の近代―「実録」と「外伝」の命運―…神山 彰
 忠臣蔵の浮世絵…大久保純一
コラム
 赤穂の塩と吉良…矢野圭吾
 大石内蔵助…谷口眞子
 「不義士」か「義士」か―大野九郎兵衛―…谷口眞子
 疑惑の吉右衛門と誉れの平右衛門…矢野圭吾
 ペジャールの『ザ・カブキ』…藤田 洋

このページのトップへ

内容説明

赤穂(あこう)事件を忠義の物語として語る『仮名手本忠臣蔵』は、今に至るまで絶大な人気があり、歌舞伎・文楽上演の定番でもある。一方で事件の歴史研究は、虚構の物語を覆し元禄の社会を明らかにした。史実と『仮名手本忠臣蔵』との関係を、歌舞伎・落語・小説・近代バレエなどの文化を通して新たに読み解くことで、後世の忠臣蔵人気を支える日本人の心情に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

赤穂浪士と吉良邸討入り

赤穂浪士と吉良邸討入り

討入りの舞台を巡り、事件を再考する!

著者:谷口 眞子
 
史書を読む

史書を読む

碩学がすすめる、歴史書の楽しみ方

著者:坂本 太郎
 
 
赤穂事件と四十六士

赤穂事件と四十六士 15

事件の真相から、勝者と敗者について考える

著者:山本 博文
 
綱吉と吉宗

綱吉と吉宗 3

老中を信用できなかった養子将軍たちの政治

著者:深井 雅海
 
 
赤穂四十六士論

赤穂四十六士論

四十六士は義士か否か。

著者:田原 嗣郎
 
赤穂浪士の実像

赤穂浪士の実像 214

いま明らかにされる赤穂事件、衝撃の真実

著者:谷口 眞子
 
 

このページのトップへ