安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 概説古文書学 古代・中世編

概説古文書学 古代・中世編

概説古文書学 古代・中世編

古代から中世にかけての様々な文書群を、各専門家が最近の研究成果を盛り込み簡潔・平易に解説。

著者 日本歴史学会
ジャンル 日本歴史 > 古文書学
出版年月日 1983/01/01
ISBN 9784642071918
判型・ページ数 A5・256ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

古文書学の知識を修得しようとする一般社会人のために、また大学の古文書学のテキストとして編集。古代から中世にかけての様々な文書群を、各専門家が最近の研究成果を盛り込み、具体例に基づいて簡潔・平易に解説。

このページのトップへ

関連書籍

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法

変体漢文を訓読するための初のガイドブック

 
正倉院文書と古代中世史料の研究

正倉院文書と古代中世史料の研究

学界に多大な貢献をなした著者の足跡を集成

著者:皆川 完一
 
 
中世公家政治文書論

中世公家政治文書論

様式の体系と系譜、政治機構の変遷を分析

著者:富田 正弘
 
武士と大名の古文書入門 

武士と大名の古文書入門 

武家文書を素材に解読力が身に付く入門書!

著者:新井 敦史
 
 
古文書調査ハンドブック

古文書調査ハンドブック

これから古文書調査に参加する人々の必携書

著者:児玉 幸多
 
概説古文書学 近世編

概説古文書学 近世編

数多くの近世文書を分類・整理し考証・叙述

著者:日本歴史学会
 
 
演習古文書選 古代・中世編

演習古文書選 古代・中世編

大学での古文書学演習用テキストとして編集

著者:日本歴史学会
 
古記録学概論

古記録学概論

難解な日記の特質や研究上の問題点を解説

著者:斎木 一馬 編著
 
 

このページのトップへ