安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本美術史要説 増補新版

日本美術史要説 増補新版

日本美術史要説 増補新版

日本美術の全般にわたり、代表的作品570余の写真を収め、簡潔にして最もわかり易く解説した日本美術史の入門書。

著者 久野 健
持丸 一夫
ジャンル 美術史 > 日本美術史
出版年月日 1963/01/01
ISBN 9784642072182
判型・ページ数 A5・404ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

日本美術の全般にわたり、代表的作品570余の写真を収め、簡潔にして最もわかり易く解説した日本美術史の入門書。なお美術辞典の役目をも果し得るように、すべての作家・作品・術語等をもれなく網羅した画期的編成。

このページのトップへ

関連書籍

雅の近世、花開く宮廷絵画

雅の近世、花開く宮廷絵画 4

琳派の生成、描く天皇…京都画壇の実像

 
戦国期風俗図の文化史

戦国期風俗図の文化史

多様な観点から考察し、作品の実態を解明

著者:井戸 美里
 
 
大学でまなぶ日本の歴史

大学でまなぶ日本の歴史

高校教科書とはちがう「日本史」との出会い

 
ナチス・ドイツと〈帝国〉日本美術

ナチス・ドイツと〈帝国〉日本美術

美術と政治が交錯する特異な世界を描き出す

著者:安松 みゆき
 
 
仏師たちの南都復興

仏師たちの南都復興

復興の担い手は運慶だけではなかった!

著者:塩澤 寛樹
 
社会とつながる美術史学

社会とつながる美術史学

社会にとって美術の持つ意味とは何か?

著者:太田 智己
 
 
明治絵画と理想主義

明治絵画と理想主義

「理想」とは何か?美学的背景から考察する

著者:植田 彩芳子
 
工芸とナショナリズムの近代

工芸とナショナリズムの近代

なぜ〈工芸〉は生まれたのか?

著者:木田 拓也
 
 
岡倉天心 思想と行動

岡倉天心 思想と行動

多様な面から彼を再評価し、新知見を提示

 
日本史色彩事典

日本史色彩事典

鮮やかに甦る日本古来の伝統色のすべて!

著者:丸山 伸彦
 
 
〈日本美術〉の発見

〈日本美術〉の発見 317

岡倉天心ら、古物保存に献身した人々の物語

著者:吉田 千鶴子
 
概説日本美術史

概説日本美術史

類書と異なり具体的様式の史的展開を重視

著者:町田 甲一
 
 

このページのトップへ