安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代蝦夷を考える

古代蝦夷を考える

古代蝦夷を考える

蝦夷とは何か。なぜエミシ・エゾでなくエビスでなければならないか。根本からの再検討は、古代蝦夷を考える新しい基礎である。

著者 高橋 富雄
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 古代史
出版年月日 1991/01/01
ISBN 9784642072922
判型・ページ数 348ページ
定価 本体2,820円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

蝦夷とはなにか。その呼称がなぜエミシ・エゾでなくエビスでなければならないのか。東国・日高見国やアイヌとの関連はどうなるか。古代東北史の第一人者による根本からの再検討は、古代蝦夷を考える新しい基礎である。

このページのトップへ

関連書籍

エミシ・エゾからアイヌへ

エミシ・エゾからアイヌへ 273

古代~現代までアイヌはどうみられてきたか

著者:児島 恭子
 
 

このページのトップへ