安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 両墓制と他界観

両墓制と他界観

両墓制と他界観

一人の死者に対して墓が二つある両墓制を総合的に検討。日本人の深層に潜む霊魂観、他界観を探究した待望の書。

著者 新谷 尚紀
ジャンル 民俗学
シリーズ 民俗学 > 日本歴史民俗叢書
出版年月日 1992/02/01
ISBN 9784642073516
判型・ページ数 A5・328ページ
定価 本体5,700円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

民俗学では、一人の死者に対して墓が二つあることを両墓制と呼ぶ。民俗資料・文献史料・石造遺物など性格の異なる資料を豊富に活用し、その問題点を総合的に検討。日本人の深層に潜む霊魂観、他界観を探究した待望の書。

このページのトップへ

関連書籍

墓と葬送の社会史

墓と葬送の社会史

社会を映し出す鏡「墓」の歴史を読み解く

著者:森 謙二
 
日本人の地獄と極楽

日本人の地獄と極楽

仏教経典には説かれない日本人の信仰生活

著者:五来 重
 
 
中世の葬送・墓制

中世の葬送・墓制

豊富な事例を通して葬送儀礼の淵源に迫る!

著者:水藤 真
 
風と環境の民俗

風と環境の民俗

人びとは風の伝承をいかに役立ててきたのか

著者:中山 正典
 
 
お葬式

お葬式

習俗、弔い方、死生観など、死の歴史を再考

著者:新谷 尚紀
 
近世村落と現代民俗

近世村落と現代民俗

近世成立期の生活の実態を描き出す

著者:福田 アジオ
 
 

このページのトップへ