安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 山と里の信仰史

山と里の信仰史

山と里の信仰史

新しい歴史像の構築を目指す民俗学からのアプローチ

著者 宮田 登
ジャンル 民俗学
シリーズ 民俗学 > 日本歴史民俗叢書
出版年月日 1993/01/01
ISBN 9784642073547
判型・ページ数 A5・318ページ
定価 本体5,680円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

里に生活を営む人々は、ムラから見える山をどのような信仰対象としてとらえ、その形態はどのように展開していったのか。本書は、庶民の日常的信仰の実態、さらに稲荷信仰、講集団を通して、日本の宗教社会を考える。

このページのトップへ

関連書籍

風と環境の民俗

風と環境の民俗

人びとは風の伝承をいかに役立ててきたのか

著者:中山 正典
 
近世村落と現代民俗

近世村落と現代民俗

近世成立期の生活の実態を描き出す

著者:福田 アジオ
 
 

このページのトップへ