安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本交通史

日本交通史

日本交通史

古代から近世までの水陸交通の実相を、政治、産業・経済、文化面等との関連も含め、総合的に説いた最新の通史。

著者 児玉 幸多
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 1992/01/01
ISBN 9784642073905
判型・ページ数 422ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

交通は人間社会の発達に重要な役割をもち、各時代の政策・制度の下、そこに生きた人々に多大の影響を与えた。古代から近世までの水陸交通の実相を、政治、産業・経済、文化面等との関連も含め、総合的に説いた最新の通史。

このページのトップへ

関連書籍

日本衣服史

日本衣服史

縄文から現代まで、日本の衣文化のすべて!

著者:増田 美子
 
古代の交通

古代の交通 24

五畿七道制や駅馬伝馬制の沿革と実情を詳説

著者:田名網 宏
 
 
鎌倉時代の交通

鎌倉時代の交通 18

当代の交通史を体系づけた先駆けをなす研究

著者:新城 常三
 
古代国家と瀬戸内海交通

古代国家と瀬戸内海交通

古墳時代から9世紀までの実態と特質を解明

著者:松原 弘宣
 
 
日本交通史辞典

日本交通史辞典

古代~現代まで―本格的〈交通・情報〉百科

 
 

このページのトップへ