安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 最澄とその門流

最澄とその門流

最澄とその門流

最澄の有名な言葉「一隅を照らす」は、そのとおり最澄が述べた言葉なのか。最澄や門流の姿を生き生きと描く。

著者 佐伯 有清
ジャンル 宗教史
出版年月日 1993/01/01
ISBN 9784642074056
判型・ページ数 4-6・336ページ
定価 本体2,427円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

最澄の有名な言葉「一隅を照らす」は、そのとおり最澄が述べた言葉なのか。著者は最澄自身が書いているように「照千一隅」を正しいとして、「一隅」に新しい光を照射するなど、本書は最澄や門流の姿を生き生きと描く。

このページのトップへ

関連書籍

比叡山延暦寺

比叡山延暦寺 55

比叡山の1200年の歴史と文化財を歩く

著者:渡辺 守順
 
法華経と古代国家

法華経と古代国家

最澄がひろめた法華経の内容や性質を分析

著者:田村 圓澄
 
 
比叡山と高野山

比叡山と高野山

延暦寺と金剛峯寺の成立・発展の歴史を追う

著者:景山 春樹
 
若き日の最澄とその時代

若き日の最澄とその時代

最澄をめぐるさまざまな疑問を解明した力作

著者:佐伯 有清
 
 
最澄

最澄

天台宗の開祖、平安仏教の巨峰

著者:田村 晃祐
 
山家の大師 最澄

山家の大師 最澄 3

自らの理想を追い続けた求道者の思想と活動

著者:大久保 良峻
 
 

このページのトップへ