安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 狩野派絵画史

狩野派絵画史

狩野派絵画史

日本絵画史に輝く、狩野派の全貌を描く!

著者 武田 恒夫
ジャンル 美術史
出版年月日 1995/01/01
ISBN 9784642074759
判型・ページ数 4-6・504ページ
定価 本体4,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

日本絵画史上の狩野派は、400年にわたり強大な勢力を形成し、画壇での枢要な位置を占めてきた。その発端・成立から大成・変容・展開・終焉の歴史的流れを実証的に跡付けた最初の書。流派活動を後援した支配層を詳述し、独創的な狩野派史論を展開する。

このページのトップへ

関連書籍

雅の近世、花開く宮廷絵画

雅の近世、花開く宮廷絵画 4

琳派の生成、描く天皇…京都画壇の実像

 
朝廷権威の復興と京都画壇

朝廷権威の復興と京都画壇 5

京都画壇のヒエラルキーの実態に迫る!

 
 
戦国期風俗図の文化史

戦国期風俗図の文化史

多様な観点から考察し、作品の実態を解明

著者:井戸 美里
 
洛中洛外図屏風

洛中洛外図屏風 422

魅力に迫り、作品全体を見渡すガイドブック

著者:小島 道裕
 
 
京狩野三代 生き残りの物語

京狩野三代 生き残りの物語

京狩野家の作品と生き残り戦略の実態を描く

著者:五十嵐 公一
 
戦国時代狩野派の研究 新装版

戦国時代狩野派の研究 新装版

初期形成過程を解明した名著、待望の復刊

著者:辻 惟雄
 
 
狩野派障屏画の研究

狩野派障屏画の研究

和様形式に、漢画をいかに適応させたのか。

著者:武田 恒夫
 
 

このページのトップへ