安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 失われた景観

失われた景観

名所が語る江戸時代

失われた景観

大地震で被災した名所は、はたして甦るのか。景観保存運動に秘められた幕府・公家・大名・民衆の姿に江戸時代を読む。

著者 長谷川 成一
ジャンル 日本歴史
出版年月日 1996/01/01
ISBN 9784642074810
判型・ページ数 256ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

大地震で被災した名所は、はたして甦るのか。東北の名所松島と並び称された象潟と、破壊の危機を回避した天橋立や和歌の浦を取り上げ、景観保存運動に秘められた幕府・公家・大名・民衆の姿に江戸時代を読む。

このページのトップへ

関連書籍

古地図からみた古代日本

古地図からみた古代日本

地図から読む古代の行政・経済・社会

著者:金田 章裕
 
 

このページのトップへ