安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 儀礼国家の解体

儀礼国家の解体

中世文化史論集

儀礼国家の解体

絵画や芸能も援用して中世の思想・文化の構造に迫る。

著者 桜井 好朗
ジャンル 日本歴史
出版年月日 1996/01/01
ISBN 9784642074902
判型・ページ数 304ページ
定価 本体3,400円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

後醍醐天皇は、王朝国家にならって儀礼と政治を一体化させることで、王権の高揚をめざす。それは中世の国家-王権が古代神話に代わる何ものかを求める姿でもあった。絵画や芸能も援用して中世の思想・文化の構造に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

天皇の即位儀礼と神仏

天皇の即位儀礼と神仏

皇位の正統性はいかにして創出されたのか?

著者:松本 郁代
 
 

このページのトップへ