安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 木簡が語る古代史 上

木簡が語る古代史 上

都の変遷と暮らし

木簡が語る古代史 上

木簡の歴史的意味を問い、飛鳥京から長岡京に至る宮都の出土木簡を中心に、その構造や変遷を解明。

著者 平野 邦雄
鈴木 靖民
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 古代史
出版年月日 1996/01/01
ISBN 9784642074926
判型・ページ数 A5・260ページ
定価 本体3,700円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

木簡の歴史的意味を問い、飛鳥京から長岡京に至る宮都の出土木簡を中心に、その構造や変遷を解明。また、長屋王家木簡などから貴族や官人の生活の具体相を通して、新しい古代史像を提示。

このページのトップへ

関連書籍

韓国古代木簡の研究

韓国古代木簡の研究

東アジア文字文化の実像を捉え直す

著者:橋本 繁
 
 

このページのトップへ