安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 木簡が語る古代史 下

木簡が語る古代史 下

国家の支配としくみ

木簡が語る古代史 下

木簡に記された文字から、古代国家の地域支配のありかたを読み解く。

著者 平野 邦雄
鈴木 靖民
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 古代史
出版年月日 2000/12/01
ISBN 9784642074933
判型・ページ数 A5・270ページ
定価 本体3,900円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

木簡に記された文字から、全国のさまざまな特産品など、民衆に課せられた過酷な税と労役の実態を探り、古代国家の地域支配のありかたを読み解く。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代木簡論

日本古代木簡論

どのような場面で作成・使用・廃棄されたか

著者:馬場 基
 
韓国古代木簡の研究

韓国古代木簡の研究

東アジア文字文化の実像を捉え直す

著者:橋本 繁
 
 

このページのトップへ