安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 満鉄

満鉄

「知の集団」の誕生と死

満鉄

結集した「知の集団」は、戦後日本経済の原型を創出した。植民地支配という「負の遺産」から、戦前・戦後日本の断絶と連続を描く

著者 小林 英夫
ジャンル 日本歴史
出版年月日 1996/09/01
ISBN 9784642074940
判型・ページ数 234ページ
定価 本体1,900円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

戦前の「満州」に君臨した植民地会社・満鉄。ここに結集した「知の集団」は、官僚統制型の経済システムを開発し、戦後日本経済の原型を創出した。植民地支配という「負の遺産」から、戦前・戦後日本の断絶と連続を考える。

このページのトップへ

関連書籍

帝国日本の技術者たち

帝国日本の技術者たち 399

戦中・戦後を生きた技術者たちの姿を描く!

著者:沢井 実
 
二〇世紀満洲歴史事典

二〇世紀満洲歴史事典

約800項目で満洲100年の歴史がわかる

 
 
「帝国」の映画監督 坂根田鶴子

「帝国」の映画監督 坂根田鶴子

女性目線から創られた国策映画の意義を解明

著者:池川 玲子
 
満洲紳士録の研究

満洲紳士録の研究

満洲移民の活力に満ちた生涯とその時代

著者:小峰 和夫
 
 
満洲国のビジュアル・メディア

満洲国のビジュアル・メディア

建国から消滅までメディア戦略の全貌を検証

著者:貴志 俊彦
 
満洲国

満洲国

民族共生の道とは何か?

著者:塚瀬 進
 
 
満洲国と国際連盟

満洲国と国際連盟

日本は満洲国に運命を賭け戦争への道を拓く

著者:臼井 勝美
 
満州事変と対中国政策

満州事変と対中国政策

重光葵に焦点をあて、実態を解き明かす

著者:小池 聖一
 
 

このページのトップへ