安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 徴兵制と近代日本

徴兵制と近代日本

1868-1945

徴兵制と近代日本

徴兵令制定から、兵役法廃止まで70余年の度重なる改変過程と軍部・政府間の攻防を辿り、日本近代国家の特質を抉出。

著者 加藤 陽子
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 近現代史
出版年月日 1996/10/01
ISBN 9784642074964
判型・ページ数 304ページ
定価 本体2,900円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

国家が国民に強制する兵役義務=徴兵制は、わが国の国民と社会にどのような影響を与えたのか。徴兵令制定から、兵役法廃止まで70余年の度重なる改変過程と軍部・政府間の攻防をたどり、日本近代国家の特質を抉出する。

このページのトップへ

関連書籍

日本の軍隊を知る

日本の軍隊を知る 8

改めて軍隊を考えるための知識を集成する

 
Q&Aで読む日本軍事入門

Q&Aで読む日本軍事入門

日本の平和と安全を考えるための格好の手引

 
 
ポツダム宣言と軍国日本

ポツダム宣言と軍国日本 20

太平洋戦争の敗因を分析し、教訓を探る

著者:古川 隆久
 
若き特攻隊員と太平洋戦争

若き特攻隊員と太平洋戦争

生死の狭間で苦悩した若者たちの魂の叫び!

著者:森岡 清美
 
 
徴兵・戦争と民衆

徴兵・戦争と民衆

厭戦感情から戦争協力へ、民衆の心情を解明

著者:喜多村 理子
 
学徒出陣

学徒出陣 43

戦争を生き戦争に散った学徒たちの記録

著者:蜷川 壽惠
 
 
近代日本の徴兵制と社会

近代日本の徴兵制と社会

徴兵制はどう近代社会に受け入れられたか

著者:一ノ瀬 俊也
 
 

このページのトップへ