安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 平安の宮廷と貴族

平安の宮廷と貴族

平安の宮廷と貴族

平安400年の舞台に登場しては去っていった者たちの栄華と凋落の軌跡を語る珠玉集。時代史入門の手引き。

著者 橋本 義彦
ジャンル 国語・国文学
出版年月日 1996/01/01
ISBN 9784642074988
判型・ページ数 4-6・352ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

平安時代は皇統の理念の変転にともなって展開し、律令制変質後は摂関政治・院政を現出させ、多彩な人物の輩出をみた。皇統の歴史を概観し、400年の舞台に登場しては去っていった者たちの栄華と凋落の軌跡を諄々と語る。あわせて平安時代の必須史料である日記の概説と『御堂関白記』『渡宋記』「院宮文書」読解の実例を示し、時代史入門の手引きとする。

このページのトップへ

関連書籍

入道殿下の物語 大鏡

入道殿下の物語 大鏡

藤原道長、栄華のストーリーと人間ドラマ!

著者:益田 宗
 
現代語訳 小右記 1

現代語訳 小右記 1

藤原実資が綴った日記。平安宮廷社会が甦る

著者:倉本 一宏
 
 
紫式部と平安の都

紫式部と平安の都

京都に探る『源氏物語』の舞台を描く

著者:倉本 一宏
 
藤原道長

藤原道長 250

摂関政治全盛を築いた公卿の傑出した生涯

著者:山中 裕
 
 

このページのトップへ