安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 藤原鎌足とその時代

藤原鎌足とその時代

大化改新をめぐって

藤原鎌足とその時代

大化改新に主導的な役割を果たし、律令国家の礎を築いた藤原鎌足。鹿島と藤原氏の関係を、発掘成果を交え探究。

著者 青木 和夫
田辺 昭三
ジャンル 日本歴史
出版年月日 1997/01/01
ISBN 9784642074995
判型・ページ数 220ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

藤原鎌足は、大化改新に主導的な役割を果たし、律令国家の礎を築いた。常陸国鹿島の地には、氏神鹿島神宮が鎮座し、今も鎌足の生誕伝承地が残る。大化改新に焦点をあて、鹿島と藤原氏の関係を、発掘成果を交え探究する。

このページのトップへ

関連書籍

藤氏家伝を読む

藤氏家伝を読む

さまざまな視点で全容を読み解く論考を収録

 
 

このページのトップへ