安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 北小浦の民俗

北小浦の民俗

柳田国男の世界を歩く

北小浦の民俗

長期の現地調査に基づき、地域に即した北小浦の民俗の全体像を解明。柳田の方法を超えて、新しい北小浦民俗誌を提示。

著者 福田 アジオ
ジャンル 民俗学
出版年月日 2002/08/01
ISBN 9784642075497
判型・ページ数 A5・338ページ
定価 本体8,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

北小浦の歴史的前提…福田アジオ/第一=調査 北小浦の民俗(小さきムラの家と人々/山に暮らす・海に暮らす/日々の暮らし/一年の行事と暮らし/ムラで暮らす一生/遍路と祈り)/第二=研究 北小浦の民俗(個人労働力の編成とエアカ慣行…小野博史/北小浦の老人たちと宅配便―家族変容の視点から―…陳 玲/環境資源の利用と地域社会…岩野邦康/村祈祷とその担い手―不在者を通じてみる儀礼の意味―…中野 泰/佐渡における忌の日―忌みの持つ意味に関して―…池田哲夫/フィールドワークと『北小浦民俗誌』…小野博史)

このページのトップへ

内容説明

柳田国男の著した『北小浦民俗誌』は、北小浦を訪れることなく、構築されたものであった。特定地域名を冠した民俗誌であるが、日本各地の調査資料を基礎としていた。長期にわたる現地調査に基づき、地域に即した北小浦の民俗の全体像を明らかにし、『北小浦民俗誌』と対置させて検証。柳田の方法を超えて、新しい北小浦民俗誌を提示する。

このページのトップへ

関連書籍

現代日本の民俗学

現代日本の民俗学

細分化した学問状況から今後のあり方を問う

著者:福田 アジオ
 
日本の民俗学

日本の民俗学

民俗学の成立と発展、今後の方向性への指針

著者:福田 アジオ
 
 

このページのトップへ