安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世須恵器の研究

中世須恵器の研究

中世須恵器の研究

東日本海域の中世須恵器を素材に、徹底した資料の集成に考古学的分析を加え、中世陶器の歴史的性格を解明する。

著者 吉岡 康暢
ジャンル 考古学
出版年月日 1994/02/01
ISBN 9784642075701
判型・ページ数 B5・1016ページ
定価 本体38,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

東日本海域の中世須恵器を素材に、徹底した資料の集成に考古学的分析を加え、戦後の歴史考古学の中心課題とされた中世陶器の歴史的性格を解明する。また産業史・民衆史の一翼を担いうる「中世考古学」の確立をも標榜。

このページのトップへ

関連書籍

モノと技術の古代史 陶芸編

モノと技術の古代史 陶芸編

使い方を解明し、製作技術の工夫を描く

著者:小林 正史
 
 

このページのトップへ