安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本原始・古代住居の研究

日本原始・古代住居の研究

日本原始・古代住居の研究

縄文~中世の竪穴住居の変遷を追う総合的住居論。各地の住居発達過程、人々の移住、屋内施設の利用、上屋構造の復原まで多岐にわたる

著者 石野 博信
ジャンル 考古学
出版年月日 1990/01/01
ISBN 9784642076692
判型・ページ数 A5・466ページ
定価 本体7,800円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

縄文時代から中世までの竪穴住居の変遷を追う総合的住居論。各地における住居の発達過程、人々の移住、屋内施設の利用、上屋構造の復原まで、多岐にわたる。建築・風土・民俗をはじめ、現代住居論にとっても必読の書。

このページのトップへ