安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 装飾古墳が語るもの

装飾古墳が語るもの

古代日本人の心象風景

装飾古墳が語るもの
著者 国立歴史民俗博物館
ジャンル 考古学
出版年月日 1995/01/01
ISBN 9784642077125
判型・ページ数 B5・248ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

日本の古代国家が形成される以前、列島各地の古墳の墓室や石棺に、華やかな彩色壁画や力強い彫刻を施した「装飾古墳」が営まれる。それは日本美術の原点であり、仏教伝来以前の古代人の心や美意識、死後の世界観などを窺う貴重な文化遺産である。本書は、いまだ?のベールに包まれた装飾古墳を、考古・歴史・美術などの第一人者が学際的に解明し、様々な角度から光をあてる。

このページのトップへ