安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代祭祀 建鉾山遺跡 全2冊

古代祭祀 建鉾山遺跡 全2冊

本文編/図版編

古代祭祀 建鉾山遺跡 全2冊

建鉾山に隣接する三森遺跡の発掘調査から、建鉾山祭祀と三森遣跡の関係を解明し、祭祀集落遺跡としての重要性を提起

著者 戸田 有二
ジャンル 考古学
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642077156
判型・ページ数 A4・614ページ
定価 本体25,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

福島県表郷村に位置する建鉾山祭祀遺跡は、これまでの発掘調査で大和朝廷の東北進出に伴って国家神が置かれ、畿内と同じ祭祀が行われた神の山だったことが判明している。本書は、近年行なった建鉾山に隣接する古代集落跡=三森遺跡の発掘調査から、建鉾山祭祀と三森遣跡の関係を解明し、豊富な図版を用いて祭祀集落遺跡としての重要性を提起する。

このページのトップへ

関連書籍

事典 古代の祭祀と年中行事

事典 古代の祭祀と年中行事

“祭祀”は何のためいかに行なわれてきたか

著者:岡田 荘司
 
古代の祭祀構造と伊勢神宮

古代の祭祀構造と伊勢神宮

古代祭祀構造の根本を明らかにした注目の書

著者:塩川 哲朗
 
 
古代の天皇祭祀と神宮祭祀

古代の天皇祭祀と神宮祭祀

双方の密接不可分な構造上の対応関係を考察

著者:藤森 馨
 
 

このページのトップへ