安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 大宰府政庁跡

大宰府政庁跡

大宰府政庁跡

古代律令制下の外交と交易の重要拠点=大宰府。その政庁跡の膨大な発掘成果を集大成。全貌を明らかにする調査報告書

著者 九州歴史資料館
ジャンル 考古学
出版年月日 2002/05/01
ISBN 9784642077231
判型・ページ数 A4・716ページ
定価 本体28,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

「大君の遠の朝廷」と謳われ、古代律令制下の外交と交易の重要拠点の役割を果した大宰府。急速に進む土地開発の中、1968年より永年にわたる大宰府史跡の発掘調査が行われてきた。菅原道真が「都府楼」と詠んだ大宰府政庁跡の、膨大かつ最新の発掘成果を集大成。遺構や出土遺物の豊富な写真などを駆使し全貌を明らかにする、待望の調査報告書。

このページのトップへ

関連書籍

古代の都市と条里

古代の都市と条里

都城や地方都市などの最新の発掘成果を解説

 
日本古代の寺院・官衙造営

日本古代の寺院・官衙造営

長屋王時代の地方政策を考古学から追究する

著者:須田 勉
 
 

このページのトップへ