安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 河内飛鳥と終末期古墳

河内飛鳥と終末期古墳

横口式石槨の謎

河内飛鳥と終末期古墳

謎の多い古墳の成立と展開を探究。河内飛鳥が古代国家形成に果たした役割を考える。

著者 羽曳野市教育委員会
ジャンル 考古学
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642077385
判型・ページ数 270ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

七世紀、横口式石槨と呼ばれる特異な埋葬施設をもつ古墳が出現した。極めて謎の多いその成立と展開を、大化薄葬令や東アジア世界との関わりを交えて探究するとともに河内飛鳥が古代国家形成に果たした役割を考える。

このページのトップへ

関連書籍

飛鳥史跡事典

飛鳥史跡事典

約170項目を事件や人物とともに解説

著者:木下 正史
 
古墳時代の生産と流通

古墳時代の生産と流通

遺物の素材・使用法を検討し技術伝播を追究

著者:和田 晴吾
 
 
古墳

古墳 319

なぜここまで巨大なのか。築造の背景に迫る

著者:土生田 純之
 
古墳時代の王権構造

古墳時代の王権構造

国家形成期の王権構造を考古資料から追究

著者:下垣 仁志
 
 
史跡で読む日本の歴史 2

史跡で読む日本の歴史 2

卑弥呼と大王の時代の実像を完全復元!

著者:岸本 直文
 
大和古代遺跡案内

大和古代遺跡案内

発掘現場の息遣いが聞こえる。

著者:泉森 皎
 
 

このページのトップへ