安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 正倉院宝物の歴史と保存

正倉院宝物の歴史と保存

正倉院宝物の歴史と保存

貴重な宝物を、保存・管理の実態から解明する。正倉院展の舞台裏や複製品の作成にも言及。

著者 米田 雄介
ジャンル 日本歴史
美術史 > 日本美術史
出版年月日 1998/01/01
ISBN 9784642077491
判型・ページ数 4-6・280ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

正倉院には華やかな工芸品から、仏具、日常生活用具、 さらに塵芥までもが宝庫に納められている。これらのすべてが貴重な宝物であることを、保存・管理の実態から解明する。正倉院展の舞台裏や複製品の作成にも言及。

このページのトップへ

関連書籍

律令制と正倉院の研究

律令制と正倉院の研究

公文書制度や駅伝制、正倉院の諸課題を考察

著者:柳 雄太郎
 
正倉院の歴史

正倉院の歴史

宝物は如何に散逸することなく伝承されたか

著者:橋本 義彦
 
 
正倉院案内

正倉院案内

膨大な宝物群の特質やその保存と活用を解説

著者:和田 軍一
 
正倉院と日本文化

正倉院と日本文化 49

正倉院の歴史を通して宝物の魅力を探求

著者:米田 雄介
 
 
正倉院文書と写経所の研究

正倉院文書と写経所の研究

内部構造や運営の実態を、新視点より検討

著者:山下 有美
 
正倉院文書事項索引

正倉院文書事項索引

物名語などを、生活・文化に即して分類配列

著者:関根 真隆
 
 
正倉院文書整理過程の研究

正倉院文書整理過程の研究

原形が損なわれた、その過程を詳述

著者:西 洋子
 
日本古代文書の研究

日本古代文書の研究

研究の現状と今後の可能性を提示

著者:杉本 一樹
 
 
写経所文書の基礎的研究

写経所文書の基礎的研究

写経事業の経過・財政などの全体像を提示

著者:山本 幸男
 
 

このページのトップへ