安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 徴兵・戦争と民衆

徴兵・戦争と民衆

徴兵・戦争と民衆

厭戦感情から戦争協力へと、国家にからめ取られていった民衆の心情を、広範な聞き取り調査により解明する。

著者 喜多村 理子
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 1999/05/01
ISBN 9784642077569
判型・ページ数 4-6・220ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

日中全面戦争の前までムラをあげて行われていた神社での祈願や山籠りには、徴兵忌避の願いも込められていた。厭戦感情から戦争協力へと、国家にからめ取られていった民衆の心情を、広範な聞き取り調査により解明する。

このページのトップへ

関連書籍

日本の軍隊を知る

日本の軍隊を知る 8

改めて軍隊を考えるための知識を集成する

 
Q&Aで読む日本軍事入門

Q&Aで読む日本軍事入門

日本の平和と安全を考えるための格好の手引

 
 
ポツダム宣言と軍国日本

ポツダム宣言と軍国日本 20

太平洋戦争の敗因を分析し、教訓を探る

著者:古川 隆久
 
若き特攻隊員と太平洋戦争

若き特攻隊員と太平洋戦争

生死の狭間で苦悩した若者たちの魂の叫び!

著者:森岡 清美
 
 
徴兵制と近代日本

徴兵制と近代日本

徴兵令制定~兵役法廃止まで70余年を辿る

著者:加藤 陽子
 
近代日本の徴兵制と社会

近代日本の徴兵制と社会

徴兵制はどう近代社会に受け入れられたか

著者:一ノ瀬 俊也
 
 
学徒出陣

学徒出陣 43

戦争を生き戦争に散った学徒たちの記録

著者:蜷川 壽惠
 
 

このページのトップへ