安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 中世 災害・戦乱の社会史

中世 災害・戦乱の社会史

中世 災害・戦乱の社会史

網野史学への評価と批判

著者 峰岸 純夫
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 中世史
出版年月日 2001/06/01
ISBN 9784642077750
判型・ページ数 266ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

地震・火山・台風などの自然災害と、各地で展開される紛争・戦乱とは密接な関係があった。家・村落・領主から国家にいたる様々なレベルの、災害・戦乱に対する危機管理を追求し、年貢減免や平和実現の方法など、民衆史の視点から実態に迫る。中世社会史の新たな側面を浮彫りにし、高度経済成長下で軽視された自然や災害への危機管理に課題を提示。

このページのトップへ