安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 城破りの考古学

城破りの考古学

城破りの考古学

封印された城郭が語る戦国の作法

著者 藤木 久志
伊藤 正義
ジャンル 考古学
出版年月日 2001/09/01
ISBN 9784642077774
判型・ページ数 370ページ
定価 本体3,800円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

肥前の名護屋城や島原原城などの廃城跡には故意に破壊された痕跡がある。それは城郭の生命を断ち切る呪法・作法だったのではないか。戦国期から近世初期に至る城郭破壊の実態を解明し、中世城郭の機能と実像に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編

近畿の名城を歩く 大阪・兵庫・和歌山編

精選した名城79を紹介したシリーズ近畿編

著者:仁木 宏
福島 克彦
 
史跡で読む日本の歴史 8

史跡で読む日本の歴史 8

琉球王国やアイヌなど、アジアとの交流

著者:服部 英雄
 
 
よみがえる安土城

よみがえる安土城 167

隠された謎を解き、新しい信長像に迫る

著者:木戸 雅寿
 
 

このページのトップへ