安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 伝説の将軍 藤原秀郷

伝説の将軍 藤原秀郷

伝説の将軍 藤原秀郷

平将門を討った男 英雄伝説に秘められた実像とは!

著者 野口 実
ジャンル 日本歴史
出版年月日 2001/12/01
ISBN 9784642077798
判型・ページ数 202ページ
定価 本体2,300円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

一=秀郷を育んだ風景(秀郷の本拠/王臣貴族は東国をめざす/桓武平氏と一字名の源氏の活動/南家黒麻呂流藤原氏の場合/父祖の足跡)/二=秀郷の登場(平将門の乱/将門の乱以前の秀郷/将門の乱と秀郷)/三=秀郷流藤原氏の成立(将門の乱後の秀郷/安和の変と藤原千晴/坂東における藤原千晴・千常)/四=鎮守府将軍と藤原秀郷(鎮守府将軍/利仁将軍の群党討伐譚/利仁と秀郷/鎮守府将軍家秀郷流藤原氏の成立)/五=「都の武者」秀郷流藤原氏(文脩の追討、文行の闘諍/粗暴な武者、勤勉な官人/北面の家、佐藤氏/西行の武芸)/六=秀郷

このページのトップへ

内容説明

「俵藤太のむかで退治」で有名な藤原秀郷。平将門追討の立役者だった彼の姿は、後世に作られた英雄伝説によって、いかにして語り継がれてきたのか。将門の乱を中心に秀郷の足跡を辿り、西行・平泉藤原氏へと続く子孫の展開や秀郷の武芸故実などから、俵藤太説話の背景を探る。今もなお多くの人びとの心を捉える秀郷の実像を浮き彫りにする伝記。

このページのトップへ

関連書籍

平将門と東国武士団

平将門と東国武士団 1

将門追討で功をなした人々の系譜を辿る

著者:鈴木 哲雄
 
 

このページのトップへ