安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 保元の乱・平治の乱

保元の乱・平治の乱

保元の乱・平治の乱

複雑に絡み合う人間模様と不可解な謎。「武者の世」を誕生させた事件の真相に迫る。

著者 河内 祥輔
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2002/06/01
ISBN 9784642077873
判型・ページ数 4-6・234ページ
定価 本体2,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

第1 保元の乱
皇位継承問題と摂関家の内訌
鳥羽法皇と崇徳上皇の確執
法皇の情況認識
対立の激化
合戦の様相
乱の結末

第2 平治の乱
保元の乱後の情況
九日事件の様相
二十五・二十六日事件の様相
後白河と二条の確執

このページのトップへ

内容説明

武士が政治の表舞台に登場した保元の乱。平清盛一人が勝ち残り武士の時代を不動にした平治の乱。この、世を震撼させた二つの事件には不可解な疑問がいくつも残されている。『兵範記』『愚管抄』などの史料をもとに、乱の経過を克明にたどり、皇位継承問題や摂関家の内紛と複雑に絡み合う人間模様を活写。事件の真相に迫り、時代情勢を解き明かす。

このページのトップへ

関連書籍

治承・寿永の内乱と平氏

治承・寿永の内乱と平氏 5

『平家物語』などの通説的歴史観を克服する

著者:元木 泰雄
 
源頼政

源頼政

老残の身を挺し平氏打倒の烽火を上げた実伝

著者:多賀 宗隼
 
 
藤原頼長

藤原頼長

悪左府―保元乱の元凶? 人間頼長の初伝

著者:橋本 義彦
 
平清盛

平清盛 219

『平家物語』での虚像を剥ぎ武人の一生描く

著者:五味 文彦
 
 
藤原忠実

藤原忠実 224

平安後期の摂政・関白。保元の乱に至る生涯

著者:元木 泰雄
 
参考保元平治物語

参考保元平治物語

諸本の異同を校定、関連史料を参照して編集

 
 
後白河上皇

後白河上皇

武者の世に権謀術数をめぐらせた実像に迫る

著者:安田 元久
 
院政の展開と内乱

院政の展開と内乱 7

内乱の中から中世への道筋を探り出す

著者:元木 泰雄
 
 

このページのトップへ