安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 十七世紀日本の秩序形成

十七世紀日本の秩序形成  新刊

十七世紀日本の秩序形成

いかにして平和と安定の江戸時代になったか。新秩序の形成と定着の過程を、政治・対外関係などから追究し、17世紀史を刷新する。

著者 木村 直樹
牧原 成征
ジャンル 日本歴史 > 近世史
出版年月日 2018/02/28
ISBN 9784642034869
判型・ページ数 A5・294ページ
定価 本体9,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序 日本の十七世紀をどう考えるか…木村直樹・牧原成征/Ⅰ 政治の秩序形成(島原の乱と牢人…木村直樹/大名と天皇・朝廷―土佐藩二代藩主山内忠義を事例に…千葉拓真/上方譜代大名松平忠房と寛文期御所造営―「本光寺史料」を素材として…佐藤雄介)/Ⅱ 対外関係の秩序形成(長崎貿易における唐船商人の経営形態―「正徳新例」実施以前を中心に…彭 浩/異国船対応をめぐる平戸藩と幕府…吉村雅美/中近世の種子島氏と島津氏…屋良健一郎)/Ⅲ 社会の秩序形成(近世的神社組織の形成―駿府浅間社を事例に…竹ノ内雅人/商人と博打・遊芸・男伊達―三井周辺にみる十七世紀商人の横顔…村 和明/下級幕臣団の江戸城下集住…牧原成征)

このページのトップへ

内容説明

16世紀末、戦乱の末に成立した日本の近世社会。それはどのようにして、私たちに馴染み深い、平和と安定の江戸時代になっていったのか。17世紀における新しい秩序の形成と定着の過程を、政治・対外関係・社会史の観点から追究。気鋭の近世史研究者9名が、多様で斬新な史料の活用を果敢に試みる。17世紀史のとらえ方を深化させる論文集。

このページのトップへ