安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 現代民俗学のフィールド

現代民俗学のフィールド  新刊

現代民俗学のフィールド

気鋭の研究者が集い、「先鋭化」「実質化」「国際化」をキーワードに民俗学の現在と課題を論じる。論考20編を収め、新地平を開く。

著者 古家 信平
ジャンル 民俗学
出版年月日 2018/02/23
ISBN 9784642082013
判型・ページ数 A5・368ページ
定価 本体10,000円+税
在庫 在庫僅少
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序 現代民俗学の成果と課題…古家信平/現代民俗学に向けて(民俗学とは何か―多様な姿と一貫する視点…島村恭則/民俗学的伝統論の射程―プロセスとしての伝統を中心に…塚原伸治/現代民俗学における三つの歴史概念―普遍性・遡及・変遷…柏木亨介/コンテクストにおける文書の民族誌…渡部圭一/民俗信仰理解の基準としての経済性―沖縄県におけるユタの判示を事例として…及川高/新しい祭礼研究へ向けて―二つの世間と現代民俗学…中里亮平)/受け継ぐ(史縁の継続性・遡及性―沖縄の祖先祭祀における現在的判断の積み重ねを事例に…武井基晃/ルーツを求める現代人の先祖観―氏族会にみる「家」を超えた共同性の再生…藤原洋/七月半祭礼から見る太湖における大型漁船漁民の祖先観…胡艶紅/民俗行事の復活と共同体の再活性化―沖縄県南城市仲村渠の稲作儀礼の事例を中心に…神谷智昭)/つながる(排除し繋がる女性たち―ある町並み保存活動をめぐる考察…後藤知美/婚礼衣装の共用―牡鹿地区における花嫁と集落女性の媒介形式として…戸邉優美/祭りと担い手の結集―茨城県土浦市真鍋新町町内会を事例として…前川智子/俄を演じるのは誰か―熊本県阿蘇郡高森町の風鎮祭を事例として…松岡薫/郷友会の存続と村落社会―沖縄県内の郷友会数調査から…大里正樹)/信じる(日本の道具・モノ供養の新しい見方…カフラマン・ジャーヒット/年中行事研究再考…小畑紘一/台湾での日系仏教の展開―日蓮正宗法宣院の事例を中心に…蔡亦竹/現代社会における主婦と俗信―サラリーマン世帯が「家を建てる」ことを事例に…伊藤茜/「サーダカウマリ」を生きる…大城博美)

このページのトップへ

内容説明

1960年代末から70年代初めにかけて形成された学術的民俗学を発展させ、新たな理論の構築、他分野との協業、国際化の推進を図る現代民俗学。気鋭の研究者が集い、「先鋭化」「実質化」「国際化」を軸に、民俗学の現在と課題を論じる。「現代民俗学に向けて」「受け継ぐ」「つながる」「信じる」の四部に論考20編を収め、新たな民俗学の地平を開く。

このページのトップへ

関連書籍

現代民俗学入門

現代民俗学入門

新しい構想のもとに発言する民俗学を提示

 
図説 日本民俗学

図説 日本民俗学

消えゆく日本の原風景を多くの図版で再現

 
 

このページのトップへ