安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 将軍・執権・連署

将軍・執権・連署  新刊

鎌倉幕府権力を考える

将軍・執権・連署

将軍が唯一の首長にもかかわらず、執権・連署を掌る北条氏が権力を握っていく。さまざまな切り口を示し、鎌倉将軍権力の実像を解明。

著者 日本史史料研究会
ジャンル 日本歴史 > 中世史
出版年月日 2018/02/09
ISBN 9784642083317
判型・ページ数 4-6・192ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに―新たな鎌倉幕府研究の礎をめざして…細川重男/源氏将軍(鎌倉期の「源氏の嫡流」…鈴木由美/源頼家・実朝兄弟と武蔵国…菊池紳一)/摂家将軍と親王将軍(非源氏将軍の登場―摂家将軍から親王将軍へ…関口崇史/鎌倉将軍に就いた皇子たち―京都目線から見た親王将軍…久保木圭一/仏門に入った鎌倉将軍の子弟たち…小池勝也)/執権と連署(鎌倉幕府連署制の成立と展開…久保田和彦/六波羅探題と執権・連署…森 幸夫/極楽寺流北条氏の執権・連署…下山 忍)/おわりに―鎌倉将軍の権威と権力…伊藤一美

このページのトップへ

内容説明

源頼朝が創始した鎌倉幕府のしくみは、いかに理解したらよいのか。将軍が幕府唯一の首長であるにもかかわらず、現実には「御後見」役とされる執権・連署を掌る北条氏が権力を握っていく。彼らはいかにして大きな権力を手に入れたのか。また、なぜ将軍は単なるお飾りとなったのか。さまざまな切り口を提示し、鎌倉将軍権力の実像解明への道標となる書。

このページのトップへ

関連書籍

鎌倉将軍・執権・連署列伝

鎌倉将軍・執権・連署列伝

人でよむ鎌倉武家政権の歴史。35人収録

 
鎌倉源氏三代記

鎌倉源氏三代記 299

頼朝はいかにして源氏の棟梁となったのか?

著者:永井 晋
 
 
源頼朝と鎌倉

源頼朝と鎌倉

苦難の前半生から冷徹な独裁者の実像に迫る

著者:坂井 孝一
 
源頼朝文書の研究 研究編

源頼朝文書の研究 研究編

約400通の文書を究明した待望論集

著者:黒川 高明
 
 
鎌倉北条氏の興亡

鎌倉北条氏の興亡 159

イメージを一新する知られざる光と影の歴史

著者:奥富 敬之
 
鎌倉幕府滅亡と北条氏一族

鎌倉幕府滅亡と北条氏一族 7

武士の世を築いた〝敗者〟が残した遺産とは

著者:秋山 哲雄
 
 
北条氏権力と都市鎌倉

北条氏権力と都市鎌倉

考古学と協業し、北条氏権力の展開を再検討

著者:秋山 哲雄
 
北条義時

北条義時

執権政治を確立。典型的な現実政治家の伝!

著者:安田 元久
 
 
北条政子

北条政子

尼将軍と謳われた女傑の実像を浮彫りにする

著者:渡辺 保
 
北条政子

北条政子 99

女たちの鎌倉時代、激動のなかで輝く個性

著者:野村 育世
 
 
北条泰時

北条泰時

御成敗式目の制定者、稀代の名執権を描く

著者:上横手 雅敬
 
北条重時

北条重時 260

執権泰時・時頼を支え、幕府に寄与した生涯

著者:森 幸夫
 
 
北条時頼

北条時頼 274

鎌倉中期の執権、仏教者の実像に迫る!

著者:高橋 慎一朗
 
執権時頼と廻国伝説

執権時頼と廻国伝説 29

政治家としての足跡を追い仏教者の顔を発見

著者:佐々木 馨
 
 
吾妻鏡の思想史

吾妻鏡の思想史

歴史叙述に秘められたメッセージを読み解く

著者:市川 浩史
 
北条時宗

北条時宗 230

蒙古襲来の時代を生きた第八代鎌倉幕府執権

著者:川添 昭二
 
 
鎌倉幕府の滅亡

鎌倉幕府の滅亡 316

定説にメスを入れ、幕府滅亡の真実に迫る

著者:細川 重男
 
吾妻鏡の謎

吾妻鏡の謎 277

謎多い史書のねらいと見え隠れする嘘を暴く

著者:奥富 敬之
 
 
吾妻鏡必携

吾妻鏡必携

基礎知識満載、座右必備の『吾妻鏡』百科

著者:関 幸彦
野口 実
 
 

このページのトップへ