安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 龍馬暗殺

龍馬暗殺 462 新刊

龍馬暗殺

襲撃者の供述を再検討。薩長土や会桑勢力の動向から京都政局の対立軸を明らかにする。事件後の政情なども解明し、暗殺の深層に迫る。

著者 桐野 作人
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 歴史文化ライブラリー > 近世史
出版年月日 2018/02/16
ISBN 9784642058629
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体1,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

慶応三年後半の京都政局と坂本龍馬―プロローグ/近江屋事件の現場検証―今井信郎口書を中心に(ボタンの掛け違え―新選組説の確定/見廻組説の登場―今井信郎の証言/今井信郎口書の信頼性)/坂本龍馬、京都での危機と薩長との挙兵計画(近江屋事件の契機―坂本の薩長周旋と寺田屋事件/幕府につけ狙われる坂本と中岡/ 慶応三年、薩摩藩の挙兵方針への傾斜/薩摩藩の「三都同時挙兵計画」/坂本龍馬、土佐藩に薩長芸三藩への合流を促す)/会桑勢力、未発のクーデタ計画―大政奉還への逆流と反撃(大政奉還をめぐる京都情勢/大政奉還をめぐる諸勢力の攻防と坂本龍馬/会桑勢力のクーデタ計画未遂)/〈薩摩〉説の系譜と虚妄( <薩摩>説の起源はどこか/作家・評論家の〈薩摩〉説/映像に見る〈薩摩〉説/〈薩摩〉説に理論的根拠はあるのか/海援隊士佐々木多門の書簡の意味するもの)/近江屋事件以後―幕土衝突の危機(激発する土佐藩・陸援隊/土佐藩首脳と幕閣による近江屋事件の幕引き)/幕末維新史の忘れえぬ記憶として―エピローグ

このページのトップへ

内容説明

薩長周旋の立役者坂本龍馬が殺害された近江屋事件。史料も多く、事件のあらましは判明しているのに、なぜ謎多き事件として惹きつけられるのか。襲撃者の供述を再検討し、薩長土や会桑勢力の動向から、慶応3年の京都政局の対立軸を明らかにし、事件の真因を究明。事件後の政情や、衰えない〈薩摩〉説の起源と誤謬も解き明かし、暗殺の深層に迫る。

このページのトップへ

関連書籍

坂本龍馬と京都

坂本龍馬と京都

維新研究の第一人者が熱い思いで描く龍馬伝

著者:佐々木 克
 
土佐と南海道

土佐と南海道 47

龍馬、弥太郎らを輩出した土佐の歴史と文化

著者:秋澤 繁
荻 慎一郎
 
 
木戸孝允

木戸孝允 8

新国家建設に奔走した後半生に焦点絞る

著者:松尾 正人
 
西郷隆盛

西郷隆盛

維新三傑の一。薩南に散華する波瀾の生涯

著者:田中 惣五郎
 
 
西郷隆盛と薩摩

西郷隆盛と薩摩

「薩摩の縮図」を生きた「西郷どん」の実像

著者:松尾 千歳
 
西郷隆盛と士族

西郷隆盛と士族 4

英雄~反逆者へ。人間西郷の魅力と悲劇描く

著者:落合 弘樹
 
 

このページのトップへ