安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 旅の勧進聖 重源

旅の勧進聖 重源 6

旅の勧進聖 重源

諸国への勧進活動と民衆救済の社会事業を推進した聖者。重源を東大寺再建に駆り立てたものは何か。

著者 中尾 堯
ジャンル 日本歴史 > 伝記
宗教史
宗教史 > 宗教一般
シリーズ 宗教史 > 日本の名僧
出版年月日 2004/08/01
ISBN 9784642078504
判型・ページ数 226ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

私の重源-聖者の風貌-………川添昭二/重源の魅力………中尾 堯/
重源の生涯―山岳と渡海の聖者―………中尾 堯/山林修行の道筋―苦行と神秘―………生駒哲郎/大陸の浄土信仰―念仏と舎利―………佐伯弘次/東大寺の復興と勧進―国家の大業―………小原 仁/俊乗房重源と建築様式―新たな造形と技術1―………藤井恵介/仏像と仏舎利塔の造形―新たな造形と技術2―………緒方啓介/利益衆生の足跡―土木事業の勧進―………追塩千尋/現代に生きる重源………中尾 堯

このページのトップへ

内容説明

平家の焼討ちにあって炎上した東大寺を、全国への勧進(かんじん)活動によって見事に復興した重源(ちょうげん)。その偉容は現在も南大門に遺憾なく示されている。諸国を廻国する勧進のかたわら、民衆の教化・救済などの社会事業を推進する。山林修行と渡海、寺院の新たな造形と技術、仏像と仏舎利塔(ぶっしゃりとう)など、鎌倉初期における美術史上の意義と南都仏教の復興について考える。

このページのトップへ

関連書籍

俊乗房重源史料集成

俊乗房重源史料集成

東大寺再建等の史料を網羅。50年振り復刊

 
大佛勧進ものがたり

大佛勧進ものがたり

東大寺大仏の創建~江戸期修復の苦難の歴史

著者:平岡 定海
 
 
知っておきたい 名僧のことば事典

知っておきたい 名僧のことば事典

今なお心に響く、名僧34名の珠玉のことば

著者:中尾 堯
今井 雅晴
 
 

このページのトップへ