安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 念仏の聖者 法然

念仏の聖者 法然 7

念仏の聖者 法然

万人平等の救済や文学の法然像に「温かさ」を探る

著者 中井 真孝
ジャンル 日本歴史 > 伝記
宗教史
宗教史 > 宗教一般
シリーズ 宗教史 > 日本の名僧
出版年月日 2004/10/01
ISBN 9784642078511
判型・ページ数 252ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

私の法然/愚痴へ還る………寺内大吉 「法然」公演の想出………中村梅之助/法然上人との出会い………水谷幸正/法然伝の系譜………中井真孝/法然浄土教の形成………福原隆善/法然における宗教体験―往生浄土と三昧発得―………藤本淨彦/法然の『選択本願念仏集』撰述とその背景………末木文美士/法然の凡夫救済論―悪人往生―………梶村 昇/法然の老病と臨終の絵解き―東国布教と女性―………今堀太逸/法然の教化とその消息………中野正明/中世文学から見た法然上人………黒田 彰/法然像の現代化………中井真孝

このページのトップへ

内容説明

万人平等の救済の教えを説いた法然。美作の武士の子として生れ、討たれた父の遺言により九歳で出家、比叡山で修行に励むが、四十三歳のとき浄土宗開立を決意し、京都東山でひたすら念仏を唱える往生を説いた。法然の宗教体験、「選択本願念仏集」、悪人・女人の救済、文学に描かれた法然像などを通して、時代を超えて語りかける「温かさ」を探る。

このページのトップへ

関連書籍

熊谷直実

熊谷直実 384

僧となった東国武士。苦悩と行動の真意とは

著者:高橋 修
 
知っておきたい 名僧のことば事典

知っておきたい 名僧のことば事典

今なお心に響く、名僧34名の珠玉のことば

著者:中尾 堯
今井 雅晴
 
 

このページのトップへ