安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 文字による交流

文字による交流 2

文字による交流

文字が支えた外交と軍事。渡来人・遣唐使・渤海使・防人・城柵…。

著者 平川 南
沖森 卓也
栄原 永遠男
山中 章
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 古代史
日本歴史 > 古文書学
シリーズ 日本史 > 文字と古代日本
出版年月日 2005/03/01
ISBN 9784642078634
判型・ページ数 A5・394ページ
定価 本体6,500円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

古代の文字は外交・軍事上、いかに伝達・記録され、機能していたのか。文字を記す紙・木の使い分けや文房具、文書を用いた中国や朝鮮での政治、防人制や城柵跡などから、古代日本の文字による交流とその特質を操る。

このページのトップへ

関連書籍

発掘文字が語る 古代王権と列島社会

発掘文字が語る 古代王権と列島社会

鉄刀銘文・木簡などを通して実像を描き出す

著者:狩野 久
 
昭和を騒がせた漢字たち

昭和を騒がせた漢字たち 241

制定された「当用漢字」をめぐる事件の数々

著者:円満字 二郎
 
 

このページのトップへ