安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本の民俗 8

日本の民俗 8

成長と人生

日本の民俗 8

人の一生をたどり、生と死を見つめる民俗誌

著者 飯島 吉晴
宮前 耕史
関沢 まゆみ
ジャンル 民俗学
民俗学 > 概説・民俗一般
シリーズ 民俗学 > 日本の民俗
出版年月日 2009/03/01
ISBN 9784642078757
判型・ページ数 304ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

年を取るということ…飯島吉晴 Ⅰ=いのちの誕生と成長…飯島吉晴 Ⅱ=「青年」の民俗…宮前耕史 Ⅲ=大人と老人の民俗…関沢まゆみ

このページのトップへ

内容説明

人は生まれてから、いかなる過程を経て大人になっていったのか。いのちの誕生から青年期を経て、老いを生きていくまでの一生の階梯を見つめ直す。また、日々の生活のなかで積み重なっていく経験の民俗的意味を問う。

このページのトップへ

関連書籍

日本の民俗13

日本の民俗13

いま民俗学は何が問題なのか。熱く語り合う

 
日本の民俗 9

日本の民俗 9

人びとをひきつける祭り。魅力の深層に迫る

 
 
日本の民俗 10

日本の民俗 10

創造と再生。変化続ける現在と伝統を考える

 
日本の民俗 1

日本の民俗 1

日本人はいかにして海の恵みを得てきたのか

 
 

このページのトップへ