安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本の民俗 10

日本の民俗 10

都市の生活

日本の民俗 10

都市の活力はどこから生まれるのか? 人々の暮らしから、都市の行動様式とルールを探る。

著者 鵜飼 正樹
村上 忠喜
内田 忠賢
ジャンル 民俗学
民俗学 > 概説・民俗一般
シリーズ 民俗学 > 日本の民俗
出版年月日 2009/07/28
ISBN 9784642078771
判型・ページ数 4-6・300ページ
定価 本体3,000円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

都市と都市生活…内田忠賢/Ⅰ=都市の生活誌…内田忠賢 /Ⅱ=伝統的な都市の民俗…村上忠喜/Ⅲ=昭和大衆芸能史の一断面…鵜飼正樹

このページのトップへ

内容説明

都市では、新しいものがつねに誕生する。それを受け継ぎ伝統となし、新たなものを付加しながらその活力を形づくる。創造と再生を繰り返している都市が持つ特徴と性格を論じて、変化し続ける現在と伝統を考える。

このページのトップへ

関連書籍

日本の民俗13

日本の民俗13

いま民俗学は何が問題なのか。熱く語り合う

 
日本の民俗 9

日本の民俗 9

人びとをひきつける祭り。魅力の深層に迫る

 
 
日本の民俗 8

日本の民俗 8

人の一生をたどり、生と死を見つめる民俗誌

 
日本の民俗 12

日本の民俗 12

独自の文化が花ひらいた南島の豊かさを辿る

 
 
日本の民俗 2

日本の民俗 2

水の流れに沿って結ばれた暮らしの様相描く

 
日本の民俗 1

日本の民俗 1

日本人はいかにして海の恵みを得てきたのか

 
 
日本の民俗 11

日本の民俗 11

“職人”たちのいまを生きる姿に迫る

 
日本の民俗 7

日本の民俗 7

ふたつの性のこれからを考える!

 
 
日本の民俗 5

日本の民俗 5

“住まい”に世間の縮図をみる

 
日本の民俗 6

日本の民俗 6

日本人の村のイメージを見つめ直し未来探る

 
 
日本の民俗 3

日本の民俗 3

人の移動が生み出す民俗を探る

 
都市の暮らしの民俗学 3

都市の暮らしの民俗学 3

都市に生きる人びとの生活と一生を探る

 
 
都市の暮らしの民俗学 2

都市の暮らしの民俗学 2

人びとは何を求めて街へ出るのか

 
都市の民俗学

都市の民俗学 9

都市民俗学の先達が語る不思議空間の物語

著者:宮田 登
 
 
都市の暮らしの民俗学 1

都市の暮らしの民俗学 1

都市と地方の関係は、どう変化してきたのか

 
 

このページのトップへ