安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 古代国家の形成

古代国家の形成 6

雄略朝から継体・欽明朝へ

古代国家の形成

「獲加多支鹵大王」鉄剣銘等から探る古代日本の姿

著者 直木 孝次郎
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 個人著作集
シリーズ 著作集 > 直木孝次郎 古代を語る
出版年月日 2009/03/01
ISBN 9784642078870
判型・ページ数 298ページ
定価 本体2,600円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

序=日本における国家の形成(継体天皇と南山背/ヤマト政権の伸張と栗隈大溝)/Ⅰ=雄略天皇とその時代(雄略天皇─古代国家の形成に挑んだ専制君主─/吉備の稚媛と雄略天皇─星川皇子の乱をめぐって─/古代史上の河内飛鳥)/Ⅱ=ワカタケル大王の鉄剣・鉄刀銘(古代ヤマト政権と鉄剣銘/稲荷山古墳鉄剣銘に関する一試論─斯鬼宮と磐余宮─/古代史上における江田船山古墳の位置)/Ⅲ=雄略天皇没後のヤマト王権(古代王権と播磨─縮見屯倉と顕宗天皇─/大伴金村)/Ⅳ=継体・欽明朝の成立(継体・欽明朝の変革/古代税制と屯倉/摂津国の成

このページのトップへ

内容説明

「東は毛人を征すること五十五国、西は衆夷を服すること六十六国」と、宋に上表した雄略天皇、王統断絶の危機に越の国から現れた継体天皇、大和朝廷の基盤を固めた欽明天皇。「獲加多支鹵大王」と記された鉄剣・鉄刀銘から、混沌とした五世紀の日本を炙り出し、屯倉の設置、豪族の反乱、蘇我氏の進出など、中央集権化に歩み出した六世紀を描き出す。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代の地域と社会統合

日本古代の地域と社会統合

和泉北部を中心に、古代国家形成史を考察

著者:溝口 優樹
 
直木孝次郎 歴史を語り継ぐ

直木孝次郎 歴史を語り継ぐ

古代史の碩学が語る次代へのメッセージ

著者:直木 孝次郎
 
 
古代への道

古代への道 14

誰にでもわかりやすい市民の古代史の誕生!

著者:直木 孝次郎
 
奈良の都

奈良の都 13

長屋王・聖武天皇・不比等…平城京の光と影

著者:直木 孝次郎
 
 
万葉集と歌人たち

万葉集と歌人たち 12

額田王・人麻呂・憶良・家持らの真実の姿

著者:直木 孝次郎
 
難波宮の歴史と保存

難波宮の歴史と保存 11

遷都から廃止まで、文化財保存の困難も描く

著者:直木 孝次郎
 
 
古代難波とその周辺

古代難波とその周辺 10

古代の要地・難波の発展~大化改新まで描く

著者:直木 孝次郎
 
飛鳥寺と法隆寺

飛鳥寺と法隆寺 9

仏に古代の夢をはせて飛鳥斑鳩の古寺へ誘う

著者:直木 孝次郎
 
 
飛鳥の都

飛鳥の都 8

古代史の舞台=飛鳥の魅力を語る!

著者:直木 孝次郎
 
邪馬台国と卑弥呼

邪馬台国と卑弥呼 2

邪馬台国はどこにあったのか?

著者:直木 孝次郎
 
 

このページのトップへ