安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 二・二六事件

二・二六事件

青年将校の意識と心理

二・二六事件

ねじまげられた歴史の真実! 秘められた手記・証言が語る青年将校たちの実像。彼らが求めた「昭和維新」とは何か。

著者 須崎 愼一
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2003/10/01
ISBN 9784642079211
判型・ページ数 4-6・368ページ
定価 本体2,800円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

二・二六事件とは―通説的理解と実際との間―/一=青年将校運動とは何だったのか(青年将校たちはなぜ「維新」を考えたのか/陸軍青年将校運動発足へのプロセス/青年将校運動の構図)/二=青年将校はなぜ決起したのか(「上長ヲ推進シ維新へ」路線の崩壊/決起へのステップ/決起へ―新規参入者の「激化」―)/三=二・二六事件勃発(雪の二六日朝―陸相官邸と皇居前―/なぜ鎮圧方針は出なかったのか/戦時警備下令と「陸軍大臣告示」/小藤部隊の誕生と軍事参議官との会見)/四=「解決」へのプロセス(二月二七日/「奉勅命令」と「叛乱軍」認定/武力攻勢の発動と帰順/青年将校運動の性格をめぐって―まとめにかえて―)/主要人物紹介/主要襲撃事項一覧/主要受刑者一覧

このページのトップへ

内容説明

一九三六年、日本を震撼させ、陸軍の「制覇」への契機となった武力行使、二・二六事件。秘められてきた手記や証言の宝庫、「二・二六事件裁判記録」に眠っていた青年将校の生の声が、これまでの通説を覆す。彼らは北一輝の思想に影響され、農村の窮状を憤って決起した訳ではなかった。一人一人の青年将校らの思いをいま蘇らせ、事件の真相を衝く!

このページのトップへ

関連書籍

帝都防衛

帝都防衛 452

災害とその対策からみえてくる社会の姿とは

著者:土田 宏成
 
二・二六事件と青年将校

二・二六事件と青年将校 19

彼らの“昭和維新”はなぜ失敗したのか

著者:筒井 清忠
 
 
戦争とファシズムの時代へ

戦争とファシズムの時代へ 5

デモクラシーはいかにして潰えたのか

著者:河島 真
 
昭和史をさぐる

昭和史をさぐる

一次史料で読む昭和史のターニングポイント

著者:伊藤 隆
 
 
「昭和天皇実録」講義

「昭和天皇実録」講義

出生から逝去まで、要点をわかりやすく解説

 
満州事変から日中全面戦争へ

満州事変から日中全面戦争へ 22

軍部の謀略と戦争「泥沼化」への道!

著者:伊香 俊哉
 
 
日本軍事史年表

日本軍事史年表

約5000の項目から、戦争と平和を学ぶ!

 
大日本帝国の崩壊

大日本帝国の崩壊 25

〈戦争の時代〉を国民意識の視点から考える

著者:山室 建徳
 
 
日本軍事史

日本軍事史

戦争を支えたシステムを詳述した初の通史

 
歴代内閣・首相事典

歴代内閣・首相事典

伊藤博文から鳩山由紀夫まで網羅した決定版

著者:鳥海 靖
 
 
アジア・太平洋戦争辞典

アジア・太平洋戦争辞典

戦後70年。あの戦争とは何だったのか?

 
 

このページのトップへ