安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 環境史研究の課題

環境史研究の課題 2

環境史研究の課題

環境史という新しい枠組みで既存の学問体系を捉え直す。

著者 総研大学日本歴史研究専攻
国立歴史民俗博物館
安室 知
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
シリーズ 日本史 > 歴史研究の最前線
出版年月日 2004/04/01
ISBN 9784642079280
判型・ページ数 A5・136ページ
定価 本体900円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

環境史という新しい枠組みで、民俗学、文献史学、考古学など既存の学問体系を捉え直す。火山活動と生態系史の関わり、GISを使った時空間情報科学、貝塚から読み解かれる縄文の社会、比較環境史の方法で迫る琵琶湖の漁業問題、水田の漁撈と狩猟から人と自然の関係を描き直す水田環境史など、歴史研究の最前線をわかりやすく紹介する。

このページのトップへ