安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 新しい近現代史研究へ

新しい近現代史研究へ 3

新しい近現代史研究へ

文献史学と思想史の立場から近現代史の新たな地平を探る。

著者 総研大学日本歴史研究専攻
国立歴史民俗博物館
安田 常雄
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
日本歴史 > 近現代史
シリーズ 日本史 > 歴史研究の最前線
出版年月日 2004/10/01
ISBN 9784642079396
判型・ページ数 A5・136ページ
定価 本体900円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

本書の刊行にあたって/総合研究大学院大学 文化科学研究科 日本歴史研究専攻について…新谷尚紀/幕末維新史の史料学…宮地正人/〔コラム〕静岡藩←→佐倉藩の御貸人・留学生―維新期の軍事・教育と人材交流―…樋口雄彦/民衆史研究の現在―『〈帝国〉』との接点で―…安田常雄/〔コラム〕日本陸軍の「白兵主義」とは何か…一ノ瀬俊也/講演者・執筆者の紹介/他

このページのトップへ

内容説明

文献史学と思想史の立場から近現代史の新たな地平を探る。幕末維新史料の編纂の歴史から偽文書論までを論じる「幕末維新史の史料学」、話題の『〈帝国〉』との接点から漫画や映画にもふれ、多様な方法と視点を提起する「民衆史研究の現在」、維新期の人材交流、日本陸軍の白兵主義についてのコラムなど、歴史研究の最前線をわかりやすく紹介する。

このページのトップへ