安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 民俗小事典 死と葬送

民俗小事典 死と葬送

民俗小事典 死と葬送

日本人は、「死」をどう迎えてきたか。これから、どう迎えるのか。

著者 新谷 尚紀
関沢 まゆみ
ジャンル 民俗学
民俗学 > 辞典・事典
出版年月日 2005/12/01
ISBN 9784642079495
判型・ページ数 440ページ
定価 本体3,200円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

伝統的な葬送儀礼が大きく揺らぐ現在、死に対する日本人の考えはどのように変化してきたのか。死を迎えてから供養されるまで、死・葬送(そうそう)・墓・供養(くよう)・霊魂をキーワードに解説。豊富な図版と、歴史学・社会学の視点からのコラムも収録する。末期医療や尊厳死、無宗教葬などの現代的関心にも触れた、誰にでも必ず訪れる死について考えるための読む事典。

このページのトップへ

関連書籍

日本古代中世の葬送と社会

日本古代中世の葬送と社会

当時の葬送の実態を明らかにし死生観に迫る

著者:島津 毅
 
日本古代の喪葬儀礼と律令制

日本古代の喪葬儀礼と律令制

唐令の影響を受けた喪葬令の実態を解明する

著者:稲田 奈津子
 
 
盆行事と葬送墓制

盆行事と葬送墓制

地域差の意味と現代の大きな変化に迫る!

 
葬式は誰がするのか

葬式は誰がするのか

葬儀とその担い手の変遷を民俗学から解明

著者:新谷 尚紀
 
 
墓と葬送のゆくえ

墓と葬送のゆくえ 391

新しい葬法の問題点を指摘し「埋葬」を問う

著者:森 謙二
 
墓と葬送の社会史

墓と葬送の社会史

社会を映し出す鏡「墓」の歴史を読み解く

著者:森 謙二
 
 
民俗小事典 食

民俗小事典 食

「食べること」に関する約450項目を解説

 
事典 墓の考古学

事典 墓の考古学

考古学的知見と発掘成果で、墓の歴史に迫る

著者:土生田 純之
 
 
日本人の地獄と極楽

日本人の地獄と極楽

仏教経典には説かれない日本人の信仰生活

著者:五来 重
 
日本葬制史

日本葬制史

古来、人々は死者をどう弔ってきたのか

著者:勝田 至
 
 
民俗小事典 神事と芸能

民俗小事典 神事と芸能

神と人の関わり方を知るための375項目

 
お葬式

お葬式

習俗、弔い方、死生観など、死の歴史を再考

著者:新谷 尚紀
 
 
葬儀と墓の現在

葬儀と墓の現在

「死者を弔うこと」とは何か。

 
死者たちの中世

死者たちの中世

〈死骸都市〉平安京。死者の扱いを解明。

著者:勝田 至
 
 
日本中世の墓と葬送

日本中世の墓と葬送

貴族・武士らの葬儀がどう庶民へ浸透したか

著者:勝田 至
 
 

このページのトップへ