安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 日本医療史

日本医療史

日本医療史

古代から現代まで、人間は病といかに闘ってきたのか!

著者 新村 拓
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
出版年月日 2006/08/01
ISBN 9784642079600
判型・ページ数 4-6・388ページ
定価 本体3,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

死と病と医…新村 拓(理想の死に方/病と求められる医療)/一=古代の医療…新村 拓(古代国家の医療体制/平安の都人を襲った病)/二=中世の医療…新村 拓(典薬寮の変質と空洞化/民間医の登場)/三=戦国期の医療…宮本義己(道三流(当流)医学の普及/戦国大名と豊臣政権の医療政策/金創療法と常備薬)/四=近世の医療…宮本義己(徳川幕藩制社会の医制と医療/医師と病と医療/家庭の疾病対策)/五=近世の西洋医学と医療…青木歳幸(ヨーロッパ医学との出会い/紅毛流医学の伝来/蘭学の勃興/全国に広がる蘭学塾と医療/在村蘭学

このページのトップへ

内容説明

誰にでもおとずれる病(やまい)や死。古代より、人びとは何とかして逃れようとその術(すべ)を模索してきた。今日(こんにち)まで、医療はどのような道をたどってきたのか。平安人を襲った病、戦国大名の医療政策、江戸の家庭薬と越中富山の薬売り、明治の医療と結核の流行、国民皆保険制度の成立などを、豊富な表・図版を用いて詳説。命を守る闘い=医療の歴史を振り返る。

このページのトップへ

関連書籍

戦争とトラウマ

戦争とトラウマ

戦争神経症はなぜ戦後長く忘却されてきたか

著者:中村 江里
 
看護婦の歴史

看護婦の歴史

今日の看護の労働実態の根源に迫る。

著者:山下 麻衣
 
 
日本生活史辞典

日本生活史辞典

暮らしに関わる多様な事柄約2700項目!

 
緒方洪庵

緒方洪庵 284

種痘の普及、適塾の主宰した江戸の蘭医学者

著者:梅溪 昇
 
 
江戸時代の医師修業

江戸時代の医師修業 389

医師に必要な学問をどのように獲得したのか

著者:海原 亮
 
漢方

漢方

知っておきたい漢方の効用と処方の選び方

著者:石原 明
 
 
江戸時代の医学

江戸時代の医学

60人を超える医伝により医学史を通観する

著者:青木 歳幸
 
江戸の流行り病

江戸の流行り病 342

人びとはいかに病と付き合ってきたのか

著者:鈴木 則子
 
 
日本衣服史

日本衣服史

縄文から現代まで、日本の衣文化のすべて!

著者:増田 美子
 
戦争とハンセン病

戦争とハンセン病 287

隔離政策の実態を解明し、差別の構造を追及

著者:藤野 豊
 
 
近世医療の社会史

近世医療の社会史

身分制社会下での病・医療の特質を解明する

著者:海原 亮
 
 

このページのトップへ