安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > ステップアップ 古文書の読み解き方

ステップアップ 古文書の読み解き方

ステップアップ 古文書の読み解き方

慣れる、理解する、読める! 古文書読解に必須の30キーワード これであなたの読解力もステップアップ!

著者 天野 清文
実松 幸男
宮原 一郎
ジャンル 日本歴史
日本歴史 > 古文書学
出版年月日 2006/10/01
ISBN 9784642079679
判型・ページ数 A5・208ページ
定価 本体2,400円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

はじめに/古文書を読むために/第1部=古文書の慣用句で読み解く(基本的なキーワードで読み解く〈御座候/無御座候/候得者/候間/有之・無之/之儀・之義/ニ而〉/頻出するキーワードで読み解く〈可申/不残/被下/無油断/令吟味/為読聞/為後日/為身代/被為仰付/乍恐/奉存/遂吟味/以御慈悲/難有/如此/厳敷/申間敷/相成〉/独特な言い回しを読み解く〈被仰付/被成下/可為越度/不及申/仍而如件)/第2部=【実践】古文書の読み方(藩領から天領への人別送り証文/保護区での白鷺盗難事件現場遺留品の差上書/大野村名主退役

このページのトップへ

内容説明

初心者から中級者までこの一冊で完全習得! 古文書を読むために必須となる言葉や用法三〇例を厳選し、くずし字解読の基礎をわかりやすく、かつ効率的にマスターできる待望の入門書。古文書に慣れ、くずし字を読み解くレベルから、長文を読みこなせるようになるまで、古文書読解の極意をステップを踏みながら習得できる画期的な編集。独学に最適。

このページのトップへ

関連書籍

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法

日本史を学ぶための古文書・古記録訓読法

変体漢文を訓読するための初のガイドブック

 
姓氏・家紋・花押

姓氏・家紋・花押

古文書読解の要点が学べる格好の入門書!

著者:荻野 三七彦
 
 
よくわかる古文書教室

よくわかる古文書教室

古文書から甦る江戸の人びとの生活と姿

 
古文書の語る地方史

古文書の語る地方史

一点の古文書から村や町地域の歴史を描く

著者:佐藤 孝之
 
 
武士と大名の古文書入門 

武士と大名の古文書入門 

武家文書を素材に解読力が身に付く入門書!

著者:新井 敦史
 
古文書調査ハンドブック

古文書調査ハンドブック

これから古文書調査に参加する人々の必携書

著者:児玉 幸多
 
 
暮らしの中の古文書

暮らしの中の古文書

社会のと人々の姿を描き出す古文書解読入門

著者:浅井 潤子
 
 

このページのトップへ