安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 儀礼を読みとく

儀礼を読みとく 7

儀礼を読みとく

網野社会史ブーム、国家儀礼と債務慣行、修正会・修二会、儀礼をめぐる排除と暴力の問題を考える。

著者 総研大学日本歴史研究専攻
国立歴史民俗博物館
松尾 恒一
ジャンル 日本歴史 > 通史・概説・歴史一般
民俗学
シリーズ 日本史 > 歴史研究の最前線
出版年月日 2006/10/01
ISBN 9784642079709
判型・ページ数 A5・146ページ
定価 本体900円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

歴史学と民俗学の最新成果で儀礼を読み解く。劇場国家論や網野社会史ブームを批判、国家儀礼と債務慣行から読み解く中世特有の知の体系に、多重債務問題などを相対化する力を発見する論考、修正会・修二会の儀礼の詳細な分析を通して王権と民俗の関りに迫る論考のほか、儀礼をめぐる排除と暴力の問題などを語る対談や関連するコラムを収める。

このページのトップへ