安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 吾妻鏡必携

吾妻鏡必携

吾妻鏡必携

鎌倉時代の基本史料『吾妻鏡』を読み解く上で不可欠な基礎知識を満載。座右必備の『吾妻鏡』百科の決定版!

著者 関 幸彦
野口 実
ジャンル 日本歴史 > 辞典・事典・年表・地図
日本歴史 > 中世史
出版年月日 2008/09/01
ISBN 9784642079914
判型・ページ数 4-6・352ページ
定価 本体3,600円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

『吾妻鏡』とは何か/Ⅰ『吾妻鏡』訓読法/Ⅱ用語・事項解説(一=用語/二=歴史的事項)/Ⅲ主要人物/Ⅳ系図(一=天皇・公卿婚姻関係図/二=関係諸氏系図)/Ⅴ関係地図・合戦一覧/(一=東国武士の根拠地/二=鎌倉・京都地図/三=合戦一覧)/Ⅵ『吾妻鏡』略年表/付録(鎌倉幕府将軍・執権一覧 異体字一覧など)

このページのトップへ

内容説明

鎌倉時代を知るために必読の基本史料でありながら、独特の和様漢文体を用い、広範な知識と読解力を必要とする『吾妻鏡』。訓読法をはじめ、用字や歴史用語、主要人物の解説、系図、坂東武士団の分布や関係地図、合戦一覧、略年表など、『吾妻鏡』を通読する上で欠かすことのできない基礎知識を多数収録。座右に備えておきたい『吾妻鏡』百科の決定版。

このページのトップへ

関連書籍

列島を翔ける平安武士

列島を翔ける平安武士 446

グローバリズムの中世を生きた武士たち!

著者:野口 実
 
吾妻鏡人名総覧

吾妻鏡人名総覧

『吾妻鏡』を読む際に活用すべき座右の書

著者:安田 元久
 
 
鎌倉源氏三代記

鎌倉源氏三代記 299

頼朝はいかにして源氏の棟梁となったのか?

著者:永井 晋
 
現代語訳 吾妻鏡 8

現代語訳 吾妻鏡 8

後鳥羽上皇は義時追討を命じ、幕府と対決へ

 
 
現代語訳 吾妻鏡 7

現代語訳 吾妻鏡 7

将軍は頼家から実朝へ。義時が権力を掌握

 
吾妻鏡の謎

吾妻鏡の謎 277

謎多い史書のねらいと見え隠れする嘘を暴く

著者:奥富 敬之
 
 
現代語訳 吾妻鏡 6

現代語訳 吾妻鏡 6

頼朝急死。頼家の失政などで混迷の時代へ

 
吾妻鏡の方法

吾妻鏡の方法

吾妻鏡から何が見えるか。待望の増補版 

著者:五味 文彦
 
 
吾妻鏡〈吉川本〉 第1

吾妻鏡〈吉川本〉 第1

『吾妻鏡』伝本の一つ。

 
吾妻鏡〈吉川本〉 第2

吾妻鏡〈吉川本〉 第2

『吾妻鏡』伝本の一つ。

 
 
吾妻鏡〈吉川本〉 第3

吾妻鏡〈吉川本〉 第3

『吾妻鏡』伝本の一つ。

 
吾妻鏡 前篇

吾妻鏡 前篇 32

体系的に網羅した日本史研究の根本史料!

 
 
吾妻鏡 後篇

吾妻鏡 後篇 33

体系的に網羅した日本史研究の根本史料!

 
現代語訳 吾妻鏡 5

現代語訳 吾妻鏡 5

頼朝上洛。後白河法皇の死後、征夷大将軍へ

 
 
現代語訳 吾妻鏡 4

現代語訳 吾妻鏡 4

義経平泉に死す。頼朝奥州出陣。藤原氏滅ぶ

 
現代語訳 吾妻鏡 3

現代語訳 吾妻鏡 3

「鎌倉殿」頼朝と「大天狗」後白河院の確執

 
 
現代語訳 吾妻鏡 2

現代語訳 吾妻鏡 2

義仲撃破、壇浦合戦。英雄義経は逃亡の身へ

 
現代語訳 吾妻鏡 1

現代語訳 吾妻鏡 1

鎌倉時代の歴史書を初めて現代語訳化

 
 
吾妻鏡の思想史

吾妻鏡の思想史

歴史叙述に秘められたメッセージを読み解く

著者:市川 浩史
 
吾妻鏡・玉葉データベース

吾妻鏡・玉葉データベース

多彩な検索機能を備えた必備のデータベース

著者:福田 豊彦
 
 
吾妻鏡人名索引

吾妻鏡人名索引

原典の通読に座右必備の本格的索引

著者:御家人制研究会
 
吾妻鏡 第一

吾妻鏡 第一

体系的に網羅した日本史研究の根本史料

 
 
吾妻鏡 第二

吾妻鏡 第二

体系的に網羅した日本史研究の根本史料

 
吾妻鏡 第三

吾妻鏡 第三

体系的に網羅した日本史研究の根本史料

 
 
吾妻鏡 第四

吾妻鏡 第四

体系的に網羅した日本史研究の根本史料

 
 

このページのトップへ