安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > お葬式

お葬式

死と慰霊の日本史

お葬式

日本人は、死といかに向きあってきたのか。葬式・墓・慰霊から探る、死と弔いの歴史。

著者 新谷 尚紀
ジャンル 民俗学
出版年月日 2009/02/01
ISBN 9784642079990
判型・ページ数 4-6・272ページ
定価 本体1,500円+税
在庫 在庫あり
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

目次

Ⅰ=死と葬儀の歴史と民俗―高野山の夏安居講演より―(民俗学の考え方〈民俗学とは/おさい銭はなぜ投げるのか/お金には二つの意味/贈与の二つの意味/貨幣は死をもたらす/贈与こそが社会関係の基礎/浄財と喜捨/同様なものを集めてみる/小さな疑問も大きな知の鉱脈〉/死の歴史〈方言周圏論/盆とホカイ/死は概念である/殯/ニホンザルと死/概念は共有される/旧人と新人/大量虐殺による種の保存/死の発見は宗教の誕生/ホモ・サピエンスの特徴は学習/王・宗教・貨幣/多様な葬法/科学の誕生〉以下細目略/葬送三転考/伝統社会の死と

このページのトップへ

内容説明

誰にでもやがて訪れる死。日本人は死をいかに考え、死者をどのように葬ってきたのか。葬式・墓・慰霊をキーワードに、縄文時代の埋葬から現代の散骨・樹木葬まで、多様な習俗や弔(とむら)い方をたどるとともに、人間が神として祀られてきた軍神や、死生観・霊魂観にも視点をあてる。死の歴史を見つめ直し、死への向きあい方をやさしく語る、葬式の日本史。

このページのトップへ

関連書籍

現代日本の葬送と墓制

現代日本の葬送と墓制

21世紀の死者のゆくえを展望する

著者:鈴木 岩弓
森 謙二
 
盆行事と葬送墓制

盆行事と葬送墓制

地域差の意味と現代の大きな変化に迫る!

 
 
葬式は誰がするのか

葬式は誰がするのか

葬儀とその担い手の変遷を民俗学から解明

著者:新谷 尚紀
 
事典 墓の考古学

事典 墓の考古学

考古学的知見と発掘成果で、墓の歴史に迫る

著者:土生田 純之
 
 
日本葬制史

日本葬制史

古来、人々は死者をどう弔ってきたのか

著者:勝田 至
 
両墓制と他界観

両墓制と他界観

日本人の深層に潜む霊魂観、他界観を探究

著者:新谷 尚紀
 
 
民俗小事典 死と葬送

民俗小事典 死と葬送

日本人は「死」をどう迎えてきたか

 
戒名のはなし

戒名のはなし 217

死んだら戒名が必要なのか?

著者:藤井 正雄
 
 
霊場の思想

霊場の思想 164

旅の果てに宗教学者は何を見、何を感じたか

著者:佐藤 弘夫
 
葬式と檀家

葬式と檀家 70

日本人と仏教のあるべき姿を展望する

著者:圭室 文雄
 
 
地獄と極楽

地獄と極楽 51

輪廻の世界に日本人の他界観の原点を探る

著者:速水 侑
 
日本中世の墓と葬送

日本中世の墓と葬送

貴族・武士らの葬儀がどう庶民へ浸透したか

著者:勝田 至
 
 

このページのトップへ