安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
ホーム > 新羅の政治と社会 下

新羅の政治と社会 下 2

新羅の政治と社会 下

厳格な史料批判と実証的論証法、朝鮮史研究に多大な業績を残したその著作を集大成

著者 末松 保和
ジャンル 日本歴史 > 個人著作集
外国歴史
外国歴史 > 東洋史
シリーズ 著作集 > 末松保和朝鮮史著作集
出版年月日 1995/01/01
ISBN 9784642081627
判型・ページ数 A5・304ページ
定価 本体8,650円+税
在庫 品切れ・重版未定
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Check

内容説明

末松博士の体系的な新羅史研究の全容は、前巻を引き継ぎ、『新羅史の諸問題』の残り3■・附録と、新たに補論2編を集成して完結する。著者が原本に注記した加筆・訂正を採用。また、付編として先学の追憶文を収録する。

このページのトップへ

関連書籍

古墳時代の日朝関係

古墳時代の日朝関係

日韓考古学の最新成果から交渉の実像を解明

著者:高田 貫太
 
朝鮮古代史料研究

朝鮮古代史料研究

朝鮮古代史料から東アジア世界の実像に迫る

著者:濱田 耕策
 
 

このページのトップへ